「ほっ」と。フォトコンテスト

味噌作りと聞くと、大変そう~と思われそうなのですが
やってみるとそれほどでもなくて
何人かでおしゃべりしながら作業すると
むしろ、楽しい年中行事です
昨日は、うちの教室での味噌講座でした

e0367111_12012025.jpg



これは麹と塩を混ぜ合わせ、なじませています

e0367111_12011037.jpg


1キロくらいの大豆ならば、気長に手でつぶしていきます



e0367111_12003688.jpg


空気を抜き容器に詰めて、きっちり仕込み完了
おつかれさま、よく出来ました!

味噌の熟成に一年から~三年かかるので
作ってすぐには食べられません、でもどんな味にできるかな~と
待つ気持ちも楽しいものです


e0367111_11583643.jpg


そして、できた昨年仕込みの味噌で、冬の定番の
玄米餅入りのお味噌汁
マクロでは寒い冬に、体の冷えた時に、よく作ります
本当に体がほっとする美味しさです


e0367111_11585967.jpg


そして夏に作った冷製のお味噌汁です
きゅうりは生で汁に入れてさっと汁ごと冷やし、生の歯ごたえを楽しみます
夏ならではのおいしさ!
美味しい味噌があってこそ!の汁です


http://macro-biotique.wixsite.com/souno-dinning
↑玄米な関係のHP草のダイニングです













[PR]
# by sounodainning | 2017-02-23 11:55 | マクロビ料理教室 | Comments(0)


クレイとは、土壌から掘り出された粘土の事です

この地球からの、贈り物のようなクレイを使って
手当など、広く利用されるようになっています

水で溶いた感触は、ほぼ子供のころの泥遊びで作った
泥団子です^^きもちいい


e0367111_10334591.jpg



私は初めて、クレイを知ったのが
チェルノブイリの事故後、ヨーロッパで使われていることを
知りました、当時、放射能汚染の症状で苦しんでいる人に
医療として使われていたようです

汚染物の、吸着作用が強くて、身体からの排泄に
とても役立つと思います

わたしもいま、日常の化学物質の排毒に使わせていただいてます
写真のように水で練って湿布するなど
いろいろな使い方ができます


クレイを扱われている、プティポワンさんをご紹介します
http://petitpoint9.wixsite.com/petitpoint

↑HPご覧になってみてください
クレイについての情報が詳しく書かれています




e0367111_10340982.jpg


私がいま使ってるベントナイトです
グリーンクレイも愛用してます


e0367111_10335709.jpg


粒子が細かいクレイです
他にもホワイトクレイ、ブラウンクレイ、レッドクレイなど
土壌によって、色も性質もさまざまなクレイがあります



e0367111_10343749.jpg


プティポワンさんでは、レッドクレイを使った
バスボムなども作られています
香りはラベンダーの精油です

e0367111_10344513.jpg


中身は不織布の袋に、材料が
混ぜ合わせてあるだけのシンプルな製法
この袋ごと、お風呂に入れると
シュワシュワの泡と、レッドクレイが溶けだして

いい香りで気持ちのいい、体の温まるお風呂になります


e0367111_10371546.jpg


他には、クレイが入った石鹸もたくさん作られています
◆これは山羊ミルクの石けんで
ホワイトクレイと、ラベンダーの精油が使われています

https://www.facebook.com/emi.petit.9
こちらはプティポワンさんのFB、各地のイベントなどにも
出品されてます


http://macro-biotique.wixsite.com/souno-dinning
草のダイニング








[PR]
# by sounodainning | 2017-02-22 10:35 | つぶやき | Comments(0)



寒仕込み、というには少し遅れたのですが
大丈夫、いいお味噌に育ってくれそうな気がします

奈良の有機のくらかけ豆は、食べて本当においしい豆で
今日ご参加いただいた方も、つまみ食いしておいしい!と
おっしゃってました^^


e0367111_17453436.jpg


ゆであがったくらかけ豆
このままパクパク食べたい!!

いやいや味噌になってもらわねば^^



e0367111_17460043.jpg


少ない量の場合は、こんなふうに手でつぶしていきます
一人で仕込むとあきますが
誰かとおしゃべりしながらの味噌仕込みは、楽しい時間です


e0367111_17463053.jpg


塩きりした麦麹と合わせます
この辺りからずっしり重くなって
肉体労働となります


e0367111_17464245.jpg


きっちり詰め終りました
あとは、時間が作ってくれるお味噌なのですが
でもその間も、居場所が快適かな?
温度は?湿度は?

と、気にかけてあげてください
そして話しかけてあげてくださいね、微生物は生きてますから

e0367111_17470540.jpg


労働した人間様にもごほうびを
ベジのチョコブリュレと、スパイスから煮出したチャイで
ほっと一息です

お疲れさまでした!!


http://macro-biotique.wixsite.com/souno-dinning
↑草のダイニングHPです






[PR]
# by sounodainning | 2017-02-21 17:44 | マクロビ料理教室 | Comments(0)

「ほっ」と。フォトコンテスト


チョコが食べたいな~と思った時
本当に簡単な、ベジのチョコがすぐにできます

ココナツオイルと、ブラックココア
お好みの甘み、これはオーガニックはちみつで作りました
香りにカルバドス少々

と塩(これ大事です)


e0367111_18451427.jpg



なめらかな生チョコ感覚で、くちの中ですぐにとけます
ココナツオイルは、24度くらいで溶けはじめますが
今の気温では固まっていますので
それを利用した作り方なのです



こちらは、プレゼント用としてつくった
本物の生チョコ
生クリームもた~っぷりです

e0367111_18455482.jpg


コクの点ではたしかにこってりなおいしさが
ありますが、いえいえベジチョコも
乳製品に負けないおいしさがあります

お試しくださいませ














[PR]
# by sounodainning | 2017-02-20 18:41 | つぶやき | Comments(0)


「ほっ」と。フォトコンテスト

レッスンの後のお楽しみに、マクロのスイーツをひと口お出ししてます
マクロでも、いろいろなスイーツを作れます
というのを、知っていただきたいと思うし

やっぱりうれしそうな顔を見たいので^^

e0367111_10035642.jpg



それに、おいしいといっていただけるのは
なにより励みになります

今日はクリームブリュレを試作してました
バレンタイン用に、ブラックココアを買って残りがあったので
それを使ってのチョコブリュレ



乳製品も、白砂糖もなしですが、私には十分な甘さとコクのあるブリュレ^^
甘味は玄米甘酒です
これには白米甘酒のほうがよかった・・・
玄米独特なざらつき感が、すこし残ってしまったので本番では白米甘酒でつくります


e0367111_10034515.jpg



でも見た目には、プルンとなめらかですよね~
添加物などのない、純粋なブラックココアは繊維質も多くて
ミネラルも含まれ、深いうまみがあります

固めるための卵の代わりは葛粉です
葛で練りますが、卵を使うよりも早くできます

何より食べた後の体が、軽くて元気です
お外で白砂糖の入ったスイーツをいただいた後の、あのだるさはつらい・・



e0367111_10033733.jpg



スイーツを、全部だめとは思わないけど
安心できる材料で、おうちで作るほうがおいしいし、
やっぱりほっとして体が喜んでいます








[PR]
# by sounodainning | 2017-02-19 09:59 | つぶやき | Comments(0)


「ほっ」と。フォトコンテスト


お雛様の頃には、やっぱり和菓子が
美味しそうですね

この頃お祝いはケーキ、というおうちも多いようなのですが

なぜ春先にヨモギ餅や、ヨモギ団子などをいただくかということにも
ちゃんと理由があります


e0367111_15342895.jpg



芽生えて間もない、柔らかなヨモギを摘んで、アクを抜き
すりつぶして、餅に混ぜていただくことによって

汗をかくような活動がしにくい冬
そして寒さに対抗するために
陽性な塩気を多く摂る冬に、体にたまったものを

排毒する役割が、漢方薬でもある野草のヨモギなのです



e0367111_15331339.jpg


古(いにしえ)からの日本の知恵です
そして
やっぱり食べてほっとするお味です^^



[PR]
# by sounodainning | 2017-02-18 15:35 | つぶやき | Comments(0)


「ほっ」と。フォトコンテスト


ご飯、お味噌汁、お漬物、は日本人の体に最も大事な3本の柱、と
思っていますので、漬物は常にあります
小さなものですが、糠床を育ててます^^

直径23センチの浅目の容器でも、十分役に立ってくれて
今は冬なので、ダイコン人参、くらいしか入ってないことが多いですけど

e0367111_09172284.jpg


安心な糠と、いいお塩で漬けたものというだけでも
ありがたいです
でも今日は、キャベツもあった!

e0367111_09171364.jpg


これの食べ方をお見せしますね
普通は大ぶりに切って、歯ごたえを楽しむ、が主流ですが
私は、余裕があるときは千切りや、みじん切りにします



e0367111_09170496.jpg


荒いみじん切りです

むかし京都のお宿で、しば漬けをこんな風に、いやもっと細かな刻みで
出していただいてから、すっかりこの食べ方が好きになりました


アツアツのご飯にのせていただくと
何とも言えない漬物の味と香りが、ご飯と合わさって
大きく切っては、出てこないような、深い味わいを感じました

何より、美味しく食べるため、この手間をかけてくださったことの感激!
食べることを大切にする
京の食文化の深さを、小さな小皿一枚の上に
見せていただいた気がしました^^

それ以来、できる時だけですが
みじん切り頑張ってます

教室はバタバタしてしまって、なかなかやってあげられないけど
今年はそんなレッスンもしたいと思っています


e0367111_09175978.jpg

これは、良く作る簡単な大根の浅漬けですが
左の漬物を、千切りにしたのが右です

これだけでも、味わいが変わり、歯ごたえも変わり
美味しくいただけます



e0367111_09173414.jpg

右側の千切りを
さらにみじん切りにしたのが
左側です、これだけでも味の差があります
お試しください

お食事全体の中では、小さな存在のお漬物ですが
ちょっと手をかけてみてください
意外な味の発見があります







[PR]
# by sounodainning | 2017-02-17 09:04 | Comments(0)

「ほっ」と。フォトコンテスト


真冬なら、強い陽性な鉄火味噌が、お体を温める力が強いです

でも、春めいてきたからでしょうか、無性にしぐれ味噌が食べたい!
鉄火味噌よりは、少し手軽にできるおかず味噌なので
作ってみました

e0367111_11295518.jpg


出来立てです
材料は、玉ねぎ、にんじん、蓮根、牛蒡、生姜ですが
それぞれ超みじん切りにしますので
それなりに大変です^^


じっくり炒めてアクを抜き、味噌を重ねて煮込み・・・と
時間もかけますので、作り終わった鍋さえもったいない気持ち


e0367111_11300941.jpg


ここにお水を入れて、鍋についてる味噌などすべてこそげて

2口くらいの味噌汁ができます
これが甘くて、野菜の味が濃縮してて、美味しいのです^^
苦労して、しぐれ味噌を作った時だけのご馳走!!


e0367111_11390802.jpg


美味しかったです!まさに体の隅々へとしみわたって
ほ~っとするお味です
このちょっぴりの少ない量が、一層おいしいし(笑)


e0367111_11323840.jpg



頑張ったごほうびですね、このまま鍋を流しでざ~ってやったら
もったいなさ過ぎるので、ぜひこうして全部を飲んであげてください


e0367111_11324798.jpg


こちら、出来上がったしぐれ味噌
可愛くラッピングして、ほんの少しおすそ分けします
この味噌で、ご飯がモリモリおいしくなるといいな~











[PR]
# by sounodainning | 2017-02-16 11:32 | Comments(0)


大好きな根菜なので、もうすこしで蓮根が食べられなくなる!と
思っただけで悲しい(笑)

マクロビオティックでは、煮物やきんぴら風な食べ方はもちろんですが
お肉の代わりのような使い方をよくします
すりおろして使うと、もっちりした食感といい、歯ごたえといい

お肉的な料理にピッタリです
例えば餃子です


e0367111_16062018.jpg


中身は、すりおろしたレンコンたっぷりに
にんにく生姜などの風味をつけ
玉ねぎや、白菜、パン粉も入れて、つなぎに葛粉少々

そんな材料を混ぜ合わせて、程よいつながり加減にします
でんぷん質の多い蓮根は、たくさんのつなぎはいりません

塩、少しの醤油、ごま油、などで中華風な味も入れ
皮に包めば出来上がります

梅酢醤油、ゆず酢醤油などでいただくのが好きです!





e0367111_16063331.jpg



中華シリーズになりますが、シュウマイの具も
レンコンでよく作りました、これはすりおろしたのと
みじん切りにしたのを合わせて、歯ごたえを出したり

玉ねぎも、やや大きめに切って甘味を強調したりします

蒸したて、アツアツをからし醤油でいただきます
本当に蓮根は、よくいただきました
体を温めてくれる冬の根菜の中でも

私には代表格のレンコンなのです

お煮しめだけでなく、ぜひこんな食べ方もおすすめです^^

◆レッスンでやってみたい方は、ご希望をHPからお知らせください◆







[PR]
# by sounodainning | 2017-02-06 16:01 | つぶやき | Comments(0)


HP草のダイニングの表紙写真を
春らしい、桜おはぎに変更しましたご覧くださいませ
http://macro-biotique.wixsite.com/souno-dinning

HPでは、フォトギャラリーのページで
マクロビオティックの料理写真をご覧いただけます

e0367111_08581110.jpg





まだまだ寒い毎日なのですが
あ、と思うのは、体のほうが春を早くも感じ取っています

毎年思うのは、食べたいものが変わってきます
苦みのある野菜が、食べたくなります

長時間煮込んだものよりも、さっと火を通したものなどが
美味しくなったり

e0367111_13240156.jpg



私よりも体はすごい、なんて、季節の変化に敏感なの

と、同じことを毎年感じます^^


e0367111_13242022.jpg



昨日は、久しぶりにご飯ではなくパスタが食べたかったので

時間差で、同じ鍋で野菜も茹でて作る
サラダパスタにしました

リンゴ酢、オリーブオイル、梅酢
大豆マヨも加えて和えてみました






[PR]
# by sounodainning | 2017-02-04 13:13 | つぶやき | Comments(0)